南信州 新野高原 親子田舎移住 全国情報ネットに掲載

南信州 新野高原 親子田舎移住 全国情報ネットに掲載

新野高原 親子田舎移住が親子山村留学全国情報ネットに掲載されました。

「山村留学」という学び環境とは?全国の18情報まとめ(情報更新:2020年1月31日)
Future Edu Tokyo

下伊那郡阿南町 新野保育園、新野小学校、阿南第二中学校 (新野親子田舎移住)

1. 形態:親子留学(園児児童生徒1名以上と保護者1名以上が移住)

2.募集人員:定員なし

3.募集対象:保育園未満児~小学生~中学3年生

4.特徴:

みなさんが思う「日本のふるさと」はどんなイメージでしょうか。農作業に家族で汗を流し、収穫を楽しみ、伝統行事に子どもからお年寄りまで参加し、伝統文化を受け継いでいく。ふるさとの原風景が、ここ南信州阿南町新野(にいの)にはあります。ゆったりと流れる時間の中で のびのびと子育てしながら、田舎暮らしをしてみませんか。1学年10名程度以下の少人数教育が保育園・小学校・中学校で受けられます。大規模校でなじめなくても元気になった子もいます。ここには自然の中で自由に遊びまわる子どもの姿があります。
公益任意団体「新野から☆元気にしまい会」が住宅、地域見学、職場紹介までお世話いたします。学校から歩いて20分以内に生活インフラ(保育園、スーパー、ガソリンスタンド、診療所、歯科、役所、郵便局、銀行、理容、和菓子屋、クリーニング、電気店、酒屋、道の駅、旅館など)がそろっています。高速光インターネット回線・生協配達あります。自家用車をお勧めします。11月後半~4月はスタッドレスタイヤを装着してきてください。

新野親子山村移住の詳細をチェック

新野親子田舎移住の特徴
親子一緒に移住する形態です。家族全員、母子、父子、祖父母など保護者とともに移住し、地元の保小中学校に通学します。子どもだけで参加する山村留学ではありません。山村留学センター、農家民泊などに宿泊施設にお子さんを預かる形態ではなく、長野の最南端、南信州の山村での本物の飾らない田舎ぐらしをご家族で体験する移住です。

移住の期間は自由。年度途中からでも、小6まで、中3まで、もちろん1年だけ、半年だけでも可能です。
お子様の気持ちを考えると、お勧めは4月からの転入です。前年度の12月頃までに、ご連絡いただけるとスムーズに進みます。

新野高原が気に入ったら、中古住宅をDIYでリノベーションし、そのまま定住することもできます。そして、阿南町の一員として、皆様のマンパワーで地域を支えいっていただけたら、私たちにとってこの上ない喜びです。畑や田んぼを借りて自給したい方には、土地の紹介もしております。お仕事も林業・工場・道の駅・温泉など紹介しております。

1クラス約10人程度以下の少人数学級で、一人一人を大切にした教育です。先生と生徒が近い関係のアットホームな学校です。

地区行事でつながっている小中学生はみんな友達。仲良しです。大人数の集団の中で、個性を発揮できずに悩んでいるお子さん。スクールカースト(学級の上下関係)や担任の先生との関係で、不適応を起こしているお子さん。マイペースで個性的、素晴らしい表現力を持っているけれど、”みんな同じ”を要求する教育になじめないお子さん。都会でのお受験、塾通いなど教育コストや将来の子育てへの疑問・不安を抱いている親子のみなさん。シングルマザー、ファーザーなど都会での子育てに苦労している方。そして、本当に子どもの自立と個性重視の子育てを考えている親子のみなさん。コロナ禍で都会での生活から田舎暮らしに思い切って舵を切りたいご家族。これから家庭を築かれるご夫婦。独身者のみなさん。当ホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。

新野高原田舎移住の問い合わせはこちら

保育園から中学校まで歩いて通学できます。
小中は50m、保育園は400mの近距離の新野地区の中心部に集まっています。小さいお子さんを連れてのお散歩ができる平坦な地形です。

地域の教育力「地育力」で皆さんのお子様を大切に育てます。
500年以上、室町時代から先人が守り伝えてきた国重要無形民俗文化財「新野の雪まつり」「新野の盆踊り」などの伝統芸能への参加を通して、大人とのコミュニケーション力、責任感、協力、連帯、任せられる厳しさと喜びを体験できます。朝、新野地区の人たちと元気に挨拶を交わします。「行ってらっしゃい」「行ってきます。」下校時には、「おかえり」「行ってきました。(新野弁でただいま)」小学生から中学生まで元気に歩いて登校しています。新野地区の住民の多くが小中学生の顔と名前を知っています。

自主・自立の気風あり。
ここ新野は、中学を卒業すると親元を離れて高校生活をする子が多いです。もちろん、自宅からバス通学で地元の阿南高校や飯田市内の高校に通う子もいます。私たち親は、「15歳までに一人で生活できる人に育てること」を目標に子育てしてきました。その結果かどうかわかりませんが、自分で考え、自主的に学習に取り組む子が多いと感じます。塾などない新野ですが、自分の将来を自分で見据えて、海外留学や国公私立大の難関大学に合格している子も育っています。

学校だけでは、決して学ぶことのできない人生の学びが、ここ新野にはあります。
まずは、一度遊びに来てみてください。アウトドア、農業体験、天体観測、渓流釣り、キノコ採り、蜂の子採りなど魅力満載。新野田舎移住体験をすると、きっと人生観が変わりますよ!

新野田舎移住体験時の宿泊 おすすめは新野地区内の宿泊施設
●丸八旅館
TEL 0260-24-2514  FAX 0260-24-2143

●折山旅館
TEL 0260-24-2008  FAX 0260-24-2788(現在、宿泊は休止中です)

●新野クラインガルテン(令和2年度中は短期体験棟は休止中、年間契約棟は営業中)
申込先:信州あなんトータルマーケティング
TEL 0260-31-1300  E-mail  s-atm@mis.janis.or.jp

アカウントをお持ちの方は、上記ボタンからSNSでシェアをお願いします。

子育てカテゴリの最新記事